ルネスタを服用する

薬と水

睡眠薬として知られているルネスタは、2012年にエーザイから発売されたまだ新しい薬で、非ベンゾジアゼピンに属する薬です。ベースとなった薬剤であるアモバンの効力「S体」をそのまま抽出して作られた薬でもあるため、睡眠効果はアモバンに非常に似ていますが、飲みにくかった味なども軽減されており、副作用もアモバンと比較にならないほど安全性の高い薬となっています。

ルネスタは、ベンゾジアゼピン受容体に作用して、神経伝達物質であるGABAの働きを強め、脳の活動を抑えることで、睡眠をもたらしてくれるお薬です。最近の睡眠薬にはベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬がよく使われていますが、ルネスタは非ベンゾジアゼピン系に属する睡眠薬です。非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬はベンゾジアゼピン系の睡眠薬と比べ、1受容体にだけ作用するため、ふらつきなどの睡眠薬で心配となる症状が少なく、穏やかに作用します。

ルネスタは成人の場合、1回2?。高齢者の場合、1回1?就寝前に経口投与します。症状によって増やしたり、減らしたり量を調節することもありますが、その上限は成人で3?、高齢者で2?までとなっています。食事と同時、または食後すぐに服用すると空腹時と比べて、血中濃度が低下してしまうことがあるため、服用を避けるよう指導されています。

またルネスタは、即効性が期待できる睡眠薬です。睡眠薬の中には飲んでから眠くなるまでに時間がかかる薬もありますが、超短時間作用型の睡眠薬であるため、薬を飲んでから効くまでの時間が短いのが大きな利点です。それに加え、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の中で最も持続時間が長い睡眠薬であることもルネスタの特徴と言えるでしょう。