眠りを妨げるもの

頭を抱える女性

不眠をはじめとする睡眠障害を引き起こす原因は、人によって様々です。似たような症状でも原因によって、治療や対処法が全く変わってきます。「最近よく眠れない」「寝てるのにスッキリしない」などと感じたら、睡眠障害改善の一歩として、まずはその根本的な原因が何なのかを知ることから始めましょう。

代表的な不眠の症状として4つの障害が挙げられています。【入眠障害】…寝つきが悪く、30分以上経っても眠れない。【中途覚醒】…途中で目が覚めて、なかなか寝付けない。【早朝覚醒】…朝早く目が覚めてしまう。【熟眠感欠如】…ぐっすり眠った気がしない。これら4つの症状は、組み合わさって起こることもあります。

人によって様々な睡眠障害の原因は、生活習慣を見直すだけで大丈夫な場合や、医師による治療が必要になる場合もあるなど、対処法も変わってきます。ここでは睡眠障害を引き起こす主な原因をご紹介します。

?心理的原因…何らかのストレスに関連して起こる不眠。原因としては、家族や親友の死、仕事上の問題などとされています。?身体的原因…身体の病気や症状が原因で起こる不眠。原因としては、外傷や関節リウマチなどの痛みを伴う疾患。湿疹や蕁麻疹などの痒みを伴う疾患。 喘息発作や頻尿、花粉症などとされています。?精神医学的原因…精神や神経の病には、不眠を伴うことが少なくありません。なかでも不眠になりやすいのは、不安と抑うつです。?薬理学的原因…服用している薬や、アルコール、カフェイン、ニコチンなどが原因で起こる不眠があります。?生理学的原因…睡眠を妨げる環境による不眠があります。

以上の原因を箇条してみると、誰もが経験したことがある不眠もそこにはあったのではないのでしょうか。そんな症状をサポートする睡眠薬はどの原因にも当てはまる薬であることは明らかでしょう。